一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201612« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201702
2016年12月議会 一般質問と議員の厚生年金加入への討論
 2016年12月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も完成し、1月中旬頃より配布予定です。

 * 行政当局の政務活動費への関わり方
 

 大阪市や北九州市などでは、特別職報酬等審議会(市長の附属機関)において政務活動費についても議題として、政務活動費の減額答申や領収書のインターネット公開を求めるなど、幅広い指摘をしています。

 行政と議会は緊張感をもってチェックしあう必要があると考えています。
 政務活動費の原資は全て、税金という事を忘れてはいけません。

 * バラのまち‐TOYOKAWA‐を目指して
 
 
 市の花は、「サツキ」「ハナショウブ」「シャクヤク」「キク」の4種類から、昭和48年に市民投票で「サツキ」と決まったそうです。

 合併後のこの良い機会に、再度投票されることを願ってやみません。
 その際には、他の特産物である「菊」や「シクラメン」等も候補に入れても良いと思います。
 そして、私は「バラ」を当選させるために全力で選挙活動をしたい。


 * 地方議員を厚生年金に?反対討論

  厚生年金加入意見書
  (右画像の意見書はクリックで拡大します。)

 少し荒い口調になってしまいました。
 それは討論でも言っている様に、この意見書が政治不信を増長させるものであるということ。
 そして、平成24年に策定した 豊川市議会のあるべき姿 で「議員間で活発な議論を行う議会を目指します。」としているにも拘らず、賛成討論なく無言で可決しようとしたところにあります。

 しかし想いは通らず採決は、賛成27 反対2(私と堀部議員)となりました。残念。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2017/01/01(Sun)01:11 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年9月議会 道路等の維持管理について
 2016年9月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も完成し、印刷会社に注文をしました。10月中旬には順次配布出来る予定です。

 【道路等の維持管理について】
 豊川市では将来44.3億円/年になるという公共施設等の維持管理費を約42%、19億円削減するという目標を立てて、ファシリティマネジメントに取り組んでいます。
 しかし、道路等インフラ関係の問題についてはまだまだ遅れているのではないかと感じて、今回質問をしました。


 

 インフラ系(道路、橋梁、河川)の維持管理費は・・・
 平成28年度予算で合計5億976万6000円

 今後50年間で必要な維持補修費は約693億円と見積もられており、一年あたりで計算すると13億8600万円となります。
 つまり、28年度予算の2倍以上に膨らむ計算です。

 そんな中で、豊川市は維持補修費を50年間で34億円(一年あたり6884万円)減らす目標を立てています。

 これでは、増え続けるインフラ系の維持補修費に殆ど焼け石に水状態と言わざるを得ません。
 限りある財政ですから、その分が福祉や他の住民サービスに影響することは避けられない状況です。

 勿論、公共施設(ハコモノ)のように「道路の廃止」などとはいかないこともも事実で、非常に悩ましいところですが・・・
 民間包括管理委託や住民による簡易的な包括管理など、焼け石に落とす水を一滴でも二滴でも増やしていかなくてはならないと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2016/10/04(Tue)00:39 |
| 議会関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
東京都知事選挙に思う、SNSで気を付けたいこと。
 2016年東京都知事選挙が終わりました。

 ある意味、分裂選挙であるにも拘らず増田候補があそこまで得票できてしまう自民党の底力を感じさせられる選挙であり、鳥越氏の惨敗からは野党の力の無さが浮き彫りになった選挙でもありました。

 当選した小池氏には、選挙戦で訴えていた通り、「都政の透明化」「オリンピックの予算見直し」「LED化推進等による脱原発」などを進めていって欲しい。

 さて、SNSで最近気を付けたいと思っている事があります。
 
フェイスブックなど顔の見えるSNSでは、日本人の心優しい配慮から「周りの異論」に気づけなくなるということです。

 友人の投稿に「異論をはさむ」のは勇気の要ることです。
 また、「異論」を言ってしまった後に集中砲火を浴びる可能性もあり、その労力を思うと更に腰も引けるでしょう。

 特に、政治関係になると「この人を当選させる」という目的が出来てしまって、何を言っても馬耳東風という状態になってしまう事もあるだろう。
 中には「都合のいい情報(嘘を含む)は真実で、都合の悪い情報は無かったことにする」かのような人もいる。
 (選挙応援者としては優秀でも、政治的に正しいことかは非常に疑問です)

 これでは、異論を伝える「意義」も無くなり、結果その人の周りは「同じ主張ばかり」になって、余計に視野が狭ばり現実が見られなくなっていく

 当たり前のことですが、友達関係も「見ていて気持ちいい」投稿をする人たちに偏ってしまいがちになります。

 幸い私の友達には、いろんな主張をされる人がいてくれる。
 それでも、私の投稿に必ずしも同意しないけど黙っててくれる人もいると思う。

 たまに、私の投稿への返信が好意的なものばかりで「すごいね。みんな応援してくれてるね」と言ってくれる人もいる。
 けれど、やはり表には出てこない「異論の存在」を常に意識しておかなくてはならない。

 SNSは人と人との距離を縮め、とても有意義なものです。しかし・・・
 その弊害を特に政治家は気を付けていかないといけない。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2016/08/01(Mon)15:00 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京都知事選に思う、メディアは必ずしも公平・正確じゃない。
 SNSを覗くと、小池百合子都知事候補が「やはり原発は日本に欠かせないエネルギー源です」って言ったとか不可解な攻撃が目についた。
 
KOIKEHIBOUTYUUSYOU.jpg  
 ???

 最近は、「原発を乗り越える」とか「LED化を進めて電力削減(ゆるやかな脱原発)」と聞いていたけど、おかしいなぁ。
 いつの話でどこに根拠(情報ソース)があるのかなと思ったら・・・

 赤旗(日本共産党が発行する新聞)だった。

 2003年頃の話を引っ張り出している。古い!
 (あえて問題とするなら、震災後も「原発輸出」を促した姿勢か。)

 でも2011年7月頃から「原発を乗り越える」って変わってるんですよね。

 言動が既に変わってるのに、過去の発言を掘り返してイメージ操作するのはどうか。

 人も団体も常に変化していく。
 犯罪者だって更生する。だのに、レッテル貼りで社会に居づらくして再犯を起こさせる。

 共産党だって、昔と意見が変わってきてることもあるだろう。
 例えば、今の憲法に反対して自分たちで独自の憲法案も作ってたじゃないか。
 中国やソ連の核兵器を「世界平和のために大きな力となっている。」と参議院予算委員会で主張したことだってある(抑止力として認めていた)。

 自分たちの過去は良くて、対立候補は許さない?
 やってることが姑息だろう。

 ただ、赤旗(共産党)を擁護しておくと嘘は書いていない。
 小池氏の意見が変わってきていることを「あえて載せない」というだけです。
 事実は書いてあるが、決して公平・正確ではない。

 読む人の力が試されている。

 そしてそれは赤旗に限らず全てのメディアに関しても言えることです。
 鳥越氏への過去のスキャンダル報道も含めて冷静に「今の候補者」をみて有権者は判断されるべきだと思う。

 勿論、メディアに紹介される3名以外にも多くの立候補者がいることも併せて記しておきたい。

 全21名 届け出順(敬称略)
高橋尚吾谷山雄二朗桜井誠鳥越俊太郎
増田寛也
マック赤坂
山口敏夫山中雅明
後藤輝樹
岸本雅吉
小池百合子
上杉隆
七海ひろこ
中川暢三
関口安弘
立花孝志
宮崎正弘
今尾貞夫
望月義彦
武井直子
内藤久遠



 
 各候補者の名前は、HPやツイッターなどにリンクしています。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2016/07/26(Tue)17:16 |
| 選挙 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年6月議会 一般質問と選挙公営上限額UPへの討論
 2016年6月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も完成し、順次配布中です。

 【公共工事の入札制度と設計業務(一般質問)】
 国は公共調達にあたって原則的には一般競争入札を行い、透明性の確保から予定価格の公表などその適正化を推進しています。しかし・・・
 

 基本的には、市の考えは「変わらない」という答弁でしたが、様々な情報を提示する中で「今後、検討」という言葉を引き出しました。

 また、この質問にあたって建築物の基本設計等を勉強していくことで、平和記念公園(仮称)の150万円を超える坪単価のトイレや東屋などに気づくこととなりました。


 【選挙公営制度の上限UP問題】
 次に、これまで幾度となく問題にしてきた「議員候補者が選挙の時から、税金を無駄使いするように誘惑する制度」の増額がほぼ全国一斉に行われました。
 内容は、今の公費請求上限額を消費税3%分(5%→8%)、引き上げるというものです。

 是非、賛否の討論を聞いて皆様もどちらの言い分が理に適っているか考えて見て下さい。

 

主な主張議員会派
反対
0:10~
*実勢価格は上限額を大幅に下回っている。
*実勢価格以上のポスターを作りたいなら自腹でどうぞ。
*水増し請求を防げないのに、賛成は道義的にできない。
*選挙公営で、機会平等が実現できているとは言えない。
倉橋
八木
賛成
6:10~
*近隣市も引き上げるから、当然である。
*ポスターにいくら掛けるかは候補者自身が決定するもの。
*候補者の金銭負担が減り、選挙の機会平等が図れる。
みらい
清風会
公明
共産

 採決の結果、反対2 賛成27 で可決となりました。残念です。

 【参考】2015年 豊川市議会選挙公費請求 一覧
 2015選挙公営豊川市議 請求額一覧
 (クリックで拡大します)

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2016/07/10(Sun)21:51 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search