一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201706« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201708
2017年6月議会 一般質問 空き家対策ほか
 2017年6月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も近々に印刷完了し、7月中には配布予定です。

 今回は2件の一般質問を致しましたので、紹介いたします。
 【空き家及び所有者不明財産について】 
 

 豊川市の空き家の概要は、市が実態調査をしています。
 (一般質問したときには明らかになっていなかった部分もあります)

 実態調査によれば1069棟の空き家と、思ったよりは少ない印象ですが・・・
 今後増え続けていく事が予想され、解体時の公費補助も検討されています。

 半ば財テクのために放置された空き家に対する公費補助をするのなら、空き家に対する課税強化をして当然ではないだろうか。
 市の回答は、先進地を視察して「適切に対処する」とのことで、玉虫色の回答となりましたが・・・
 豊川市こそが先進市とならん!という気持ちが欲しい。
 
 【人口減少社会における下水道事業】 
 

 一般質問の中で、基準外繰り出しが3億609万7千円あり、収支を何とか黒字にしていることが分かりました。

(参考)豊川市下水道事業の決算概要 
収入支出損益
27年度49億5074万8千円46億9965万円+2億5109万8千円

 また、処理区域内人口は今後40人を割っていく事も濃厚です。

 「今の最適」が「将来の最適か」は一考の余地があります。
 若い世代やこれから生まれてくる子供たちにとっての最適を、常に考えてかなければなりません。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2017/07/10(Mon)19:33 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年3月議会 一般質問と設楽ダム建設中止を求める請願への討論
 2017年3月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も完成し、4月中旬頃より配布予定です。

【現場代理人の常駐義務緩和について】
 
 
 
=現場代理人とは=
 受注者の代理人として工事現場に常駐し、契約の定めに基づく法律行為を請負人に代わって行使する。公共工事では、公共工事標準請負契約約款により現場代理人の設置が求められている。

 近年、この現場代理人を複数の工事で兼務できるよう国交省から通知が出されました。
 しかし、豊川市の実態を調べると緩和条件に当てはまらないのに、兼務している業者がある一方で、厳しく指導された業者もあった。

 業者によって、市に指導されたりされなかったりという事は無くしていかなくてはならない。


【設楽ダムの建設中止を求める請願討論】

 東三河の水需要は、一貫して減り続けている。
 治水においては、河川改修の方がなん十倍も安く、効果的であることも分かってきました。

 

 雨水を効果的に利用もせず、ダム建設計画に反対していた設楽町に無理やり押し付け、今さらダム推進派は「設楽町の声を聞け」と言った。
 こんなものは、政治的にも道徳的にも、そして教育的にも間違っています。

 政治家とはどうあるべきかという点も討論で述べさせて頂きました。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2017/04/12(Wed)23:38 |
| 議会関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
2016年12月議会 一般質問と議員の厚生年金加入への討論
 2016年12月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も完成し、1月中旬頃より配布予定です。

 * 行政当局の政務活動費への関わり方
 

 大阪市や北九州市などでは、特別職報酬等審議会(市長の附属機関)において政務活動費についても議題として、政務活動費の減額答申や領収書のインターネット公開を求めるなど、幅広い指摘をしています。

 行政と議会は緊張感をもってチェックしあう必要があると考えています。
 政務活動費の原資は全て、税金という事を忘れてはいけません。

 * バラのまち‐TOYOKAWA‐を目指して
 
 
 市の花は、「サツキ」「ハナショウブ」「シャクヤク」「キク」の4種類から、昭和48年に市民投票で「サツキ」と決まったそうです。

 合併後のこの良い機会に、再度投票されることを願ってやみません。
 その際には、他の特産物である「菊」や「シクラメン」等も候補に入れても良いと思います。
 そして、私は「バラ」を当選させるために全力で選挙活動をしたい。


 * 地方議員を厚生年金に?反対討論

  厚生年金加入意見書
  (右画像の意見書はクリックで拡大します。)

 少し荒い口調になってしまいました。
 それは討論でも言っている様に、この意見書が政治不信を増長させるものであるということ。
 そして、平成24年に策定した 豊川市議会のあるべき姿 で「議員間で活発な議論を行う議会を目指します。」としているにも拘らず、賛成討論なく無言で可決しようとしたところにあります。

 しかし想いは通らず採決は、賛成27 反対2(私と堀部議員)となりました。残念。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2017/01/01(Sun)01:11 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年9月議会 道路等の維持管理について
 2016年9月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も完成し、印刷会社に注文をしました。10月中旬には順次配布出来る予定です。

 【道路等の維持管理について】
 豊川市では将来44.3億円/年になるという公共施設等の維持管理費を約42%、19億円削減するという目標を立てて、ファシリティマネジメントに取り組んでいます。
 しかし、道路等インフラ関係の問題についてはまだまだ遅れているのではないかと感じて、今回質問をしました。


 

 インフラ系(道路、橋梁、河川)の維持管理費は・・・
 平成28年度予算で合計5億976万6000円

 今後50年間で必要な維持補修費は約693億円と見積もられており、一年あたりで計算すると13億8600万円となります。
 つまり、28年度予算の2倍以上に膨らむ計算です。

 そんな中で、豊川市は維持補修費を50年間で34億円(一年あたり6884万円)減らす目標を立てています。

 これでは、増え続けるインフラ系の維持補修費に殆ど焼け石に水状態と言わざるを得ません。
 限りある財政ですから、その分が福祉や他の住民サービスに影響することは避けられない状況です。

 勿論、公共施設(ハコモノ)のように「道路の廃止」などとはいかないこともも事実で、非常に悩ましいところですが・・・
 民間包括管理委託や住民による簡易的な包括管理など、焼け石に落とす水を一滴でも二滴でも増やしていかなくてはならないと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2016/10/04(Tue)00:39 |
| 議会関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
2016年6月議会 一般質問と選挙公営上限額UPへの討論
 2016年6月議会の動画が完成しました。
 また、議会報告も完成し、順次配布中です。

 【公共工事の入札制度と設計業務(一般質問)】
 国は公共調達にあたって原則的には一般競争入札を行い、透明性の確保から予定価格の公表などその適正化を推進しています。しかし・・・
 

 基本的には、市の考えは「変わらない」という答弁でしたが、様々な情報を提示する中で「今後、検討」という言葉を引き出しました。

 また、この質問にあたって建築物の基本設計等を勉強していくことで、平和記念公園(仮称)の150万円を超える坪単価のトイレや東屋などに気づくこととなりました。


 【選挙公営制度の上限UP問題】
 次に、これまで幾度となく問題にしてきた「議員候補者が選挙の時から、税金を無駄使いするように誘惑する制度」の増額がほぼ全国一斉に行われました。
 内容は、今の公費請求上限額を消費税3%分(5%→8%)、引き上げるというものです。

 是非、賛否の討論を聞いて皆様もどちらの言い分が理に適っているか考えて見て下さい。

 

主な主張議員会派
反対
0:10~
*実勢価格は上限額を大幅に下回っている。
*実勢価格以上のポスターを作りたいなら自腹でどうぞ。
*水増し請求を防げないのに、賛成は道義的にできない。
*選挙公営で、機会平等が実現できているとは言えない。
倉橋
八木
賛成
6:10~
*近隣市も引き上げるから、当然である。
*ポスターにいくら掛けるかは候補者自身が決定するもの。
*候補者の金銭負担が減り、選挙の機会平等が図れる。
みらい
清風会
公明
共産

 採決の結果、反対2 賛成27 で可決となりました。残念です。

 【参考】2015年 豊川市議会選挙公費請求 一覧
 2015選挙公営豊川市議 請求額一覧
 (クリックで拡大します)

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2016/07/10(Sun)21:51 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search